睡眠不足がダイエットの大敵って?

睡眠不足がダイエットの大敵といわれてもピンとこないかもしれませんね。
でも、本当なのです。
睡眠不足は、ホルモンと深い関係にあり、それがダイエットには大敵なのです!

睡眠不足になると、「グレリン」「レプチン」という2つのホルモンのバランスが崩れます。
「グレリン」は食欲を増進するホルモン。
「レプチン」は食欲を抑えるホルモン。
睡眠不足で何が起こるかというと、グレリンが増えて、レプチンが減ってしまうのです。
ですから、睡眠不足だと食欲がわいてしまうのです・・・
しかも高カロリーなものが・・・

ですから、しっかりと睡眠をとることがダイエットには大事なのです。


タグ

ダイエットの大敵ストレスには快眠が大事!

ストレスがダイエットはもちろん、病気までも引き起こすことは知られていますね。
だから「たかがストレス」なんてあなどってはいけません!
ストレスは、感じる前にきちんと予防することが大事。
そして、ストレスが小さいうち、大きくならないうちにしっかりと解消、対処していくことが大事です。

そこで注目したいのは「快眠」と「お風呂」。
眠りの質がよいとスッキリすることはわかりますね。
そして、お風呂が気持ちがよく、ストレス解消にいいのは知られていますね。
快眠グッズやストレス解消用の入浴剤などもたくさん売られています。
ですが、お風呂の「入浴法」によって快眠の質がグッと違ってくるのです。

その入浴法のポイントは、「お湯の温度」です。
38度~40度程度のちょっとぬるめのお湯です。
熱いお湯は、交感神経が活発化してしまいリラックスできません。
半身浴でゆっくりと長めに入浴してたっぷりと汗をかくのがいいですね。
あわせて、ツボなどをマッサージすると血行がさらによくなります。
湯船に疲れないときは、足湯だけでもかなりリラックス効果を期待できます。

入浴後は、ストレッチをやるとより効果的です。
そして、寝る前にハーブティーを飲むと眠りに入りやすくなりますよ~


タグ

べジマイトがダイエットに効果的?

発酵食品が大ブームですが、日本以外の発酵食品にも注目です~
それは「べジマイト」。
オーストラリア好きな方からもうご存知ですね。
オーストラリアの納豆といえる存在なのが「べジマイト」です。

べジマイトは、ビール酵母を原料としています。
茶色いペースト状をしていて、オージーはパンに塗って食べたり、サンドイッチにします。
発酵食品なので、味や臭いが苦手なヒトは苦手です。

このべジマイトのすばらしいのは、ビタミンBが世界一といわれるくらい含まれていること!
ビタミンBは、代謝を助ける働きをします。
ですので、身体のすみずみに効果が期待できりゃいます^^

ちょっと味や臭いにクセがありますが、栄養食品、健康食品、ダイエット食品としてべジマイトを試してみてもいいですね!


タグ

ベーコン食べたい!カロリーの少ないベーコンって?

たまにベーコンって食べたくなります・・・
目玉焼きやスープに入れるとコクが出て美味しいんですよね。
でも、お肉だからカロリーや脂肪が気になるところ・・・

そこで注目したいのがベーコンの部位。
ベーコンでもいろいろと部位があるんです。
ダイエット中に注目したいのは「ショルダーベーコン」。

通常売られているベーコンは、チャーシューや角煮にも使われる「バラ肉」。
脂身たっぷりの部位です(^_^;
でも、ショルダーベーコンは比較的脂身の少ない肩肉(肩ロース)部分。

バラ肉の持っている豚肉の脂肪分のうまみは少ないですが、肉自体のうまみ、締まった肉質、上品なうまみがあります。

スープの出汁として使用するには問題ないですよ。
とっても濃厚でおいしい出汁がでます^^

今度スーパーへ行ったら、ショルダーベーコンをチェックしてみてくださいね。


タグ

人間メトロノームでくびれを作る!

ウエストの「くびれ」はやはりしっかりと残しておきたいですね。
寸胴なんて嫌ですね・・・

人間メトロノームは、その名の通りメトロノームのような動きをしてダイエットを行う方法です。
仰向けに寝て、足を左右にメトロノームのように振ります。
この動きが、体幹、腹斜筋といったくびれに効果がある部分に効くのです。
この動きに、ドローインというお腹をへこます呼吸をプラスします。

この動きが、身体のインナーマッスルとアウターマッスルを同時に鍛えます。
そして、お腹、ウエストだけでなく、腰やウエストなどにも痩せ効果があります。
さらに骨盤矯正や柔軟性といった効果も期待できます^^

あまり勢いをつけずに、ゆっくりと負荷をかけながら行いましょう。
1日短時間でも効果が期待できますよ。


タグ

手作り塩麹レシピ!

塩麹が大人気ですね。
スーパーでも、チューブ入りの塩麹なんかが市販で売られていて手軽に使えて便利ですね。
ですが、塩麹は意外にレシピは簡単で、わりと手軽に手作りできちゃいます。

手作り塩麹の定番レシピを書いておきますね。

【材料】
・麹(米麹):200グラム
・塩:60グラム
・水:300cc

①ボウルに麹を手でほぐしながら入れる
②鍋に水と塩を入れて火にかけてとかしたら冷ます
③粗熱がとれたら①のボウルに入れる
④ボウルの中身をタッパーなどの保存容器に移し、ふたを閉めずにずらしておき常温で放置
⑤毎日1回は混ぜるを繰り返す
⑥1週間~10日ほど経過すると、発酵がすすみトロトロとなったら完成!

冷蔵庫で半年ほどの保存が可能です。


タグ

内臓上げマッサージで食欲をコントロール!

胃下垂のひとってすごい食欲ですよね。
それは胃がろっ骨にしっかりとおさまっていないから。
胃の底が開いてしまっていつまでも満腹感を得られない。
ろっ骨が開いてしまっているということです。
そこで、そんな肋骨の開きを正して胃を正しい位置に戻すこと。
その結果、食欲をコントロールして抑えていくというのが「内臓上げマッサージ」です。

内臓上げマッサージは、3つのステップで行います。
①胃を正しい位置に戻す
②肋骨を締める
③腹筋を固定する

できれば、食前に行い、2週間は続けるようにしましょう~


タグ

高野豆腐でダイエット♪

高野豆腐は豆腐を凍らせて乾燥させたもの。
だから栄養は満点!
でもカロリー少なく、ヘルシーだからダイエッターは注目すべき食材なのです。

まず高野豆腐は食物繊維が木綿豆腐の3倍もあるんです。
だから便秘解消にも効果が期待できます。
そして食物繊維のおかげで腹持ちがよく満腹感が長持ちするから、ドカ食いが防げるのもうれしい^^
できれば、食事前に食べるとタイミング的にいいですね。

栄養素も見逃せません。
大豆の良質なタンパク質、ビタミンB、ビタミンE、大豆サポニンが豊富です。

食べ方としては出汁で煮るのが定番。
最近は、サイコロ状の小さい高野豆腐などもあるので、味噌汁などにも手軽に入れるなんて簡単レシピでもいいですよ。


タグ

痩せるためには油を摂る?

健康にうるさい人に中では、既に油が健康には欠かせないことはよく知られています。
エキストラオリーブオイルなどはその代表的なものです。
油分が不足すると、肌はカサカサで免疫力が逆に低下します。

そんな油の中でも、とくにダイエット中に有効なのがオメガ3、オメガ6といわれる必須脂肪酸。
この2つの脂肪酸は、身体で作り出すことができません。
しかし生きていくうえで欠かせない脂肪なのです。
不足すれば、欠乏症の症状が現れます。

そして、耳寄りなのが解毒作用があるということ。
現代の食生活は、農薬、水銀、ダイオキシンといったものが含まれている危険な食材が結構あります。
知らず知らずに食べているのです。
これらは油溶性です。
水溶性であれば、水分で尿となってでます。
しかし油溶性は水分では分解できません・
そういった毒素を解毒するのがオメガ3の油なのです。
オメガ3の油が毒素を溶かして、身体から排出してくれるのです。

オメガ3の油は、シソ油、亜麻仁油(フラックスシードオイル)、エゴマ油などです。
少し値段は張りますが、健康のため、調味料として積極的に使用していきたいですね。


タグ

むくみ解消にはリンパマッサージがいいよ

むくみを解消するには、血液とリンパの流れを活性化させることがポイント。
リンパの流れをよくすると、老廃物や有害なものがどんどんと流れていきます。
そのリンパの流れをよくするのに有効なのが、リンパマッサージです。

リンパマッサージは、リンパの流れにそってさする方法がメインです。
肩こりをほぐすマッサージのように、揉んだりというものではありません。
リンパ液の流れているリンパ管は、皮膚のすぐ下にあるので、さする程度でちょうどいいのです。
強く押しすぎると、逆に血行障害などが起こる危険があります。

リンパマッサージの基本ですが、さする方向は下から上。
場所は上から下です。

リンパの場所は、体中にあるのですが、とくに集中しているところがあります。
そこは、鎖骨、ワキ、アゴ下、お腹、ヒジ、鼠径部、ひざの裏等です。

ただ、妊娠中、生理中、病気治療中、さする部分に皮膚トラブルのある方は控えたほうがいいでしょう。


タグ

このページの先頭へ