しっとり潤う 保湿力とキープ力

ハンドクリームを買い換えてみました。
するとハンドクリームの持続が違うものがありました。
ハンドクリームでも潤いをキープする力が違うものだとびっくりです。
時間が経過しても安定した機能 一定持続タイプ
ニベア、コエンリッチ、薬用ホワイトニングハンドクリーム、ニュートロジーナ、

保湿力はロクシタンがナンバーワンでした。

ハンドクリームはいつ塗るのがいいのかというと、
入浴後5分いないに塗るのがいいとされています。
水分が蒸発する際に手肌の水分まで奪われるので、
すぐに塗るのがベストです。

尿素入りのクリームはどうなのかというと、
尿素は角層を溶かす成分がありますので、手肌には不向きです。

摩擦はなるべく避け、やさしくなじませるのが、
いいです。無理にすりこませなくても、角質に浸透するので、
むしろゴシゴシするのはよくありません。
乾燥が続く冬ですので、ハンドクリームを
上手に使ってケアしていきたいものです。


このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年12月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:キレイなんでも

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ