内から、外から冷え対策

寝ようと思っても足先が冷えて眠れないこのごろ・・
困りましたね。
冷え症対策も色々してますが、なかなか体を温めることは
難しいです。

朝、消化が働くのに必要なエネルギーを出す
大切なときです。
じゃがいもやイモ類、しょうがやもち米、
などエネルギーを高める食事が大切です。
朝は起きて胃の動きが弱いので、
消化しやすい食品をとるようにしましょう。

朝から体温をあげることで一日元気になります。
基礎代謝があがる運動を血行をよくするようにするといいです。

昼は体を温める食材のほか、
血のめぐりをよくするものを多めに食べるようにしましょう。
カレー粉はターメリックが使われていますので、
末端の冷え症でお困りの人にはいい食材です。

夜にお腹を全身温める白湯をのむといいでしょう。
少量のむと寝るときに寝やすいです。

足指を開いたり、まわしたりのストレッチをすると効果的です。

寒さが続くこのごろ、
寒くてぐっすり眠れないこともあるとは思いますが、
内から外からで寒さ対策をし、体を温めるようにしたいものです。


タグ

2015年1月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:キレイなんでも

平子理沙さんのカッコいいボディのヒミツ①

平子理沙さんといえば、ファッションや使っているアイテム、化粧品などすべてが話題になるカリスマ人気モデル。
年齢を感じさせない完ぺきなスタイル、英語ぺらぺら、俳優の吉田栄作さんを旦那さんに持つなどもうすべてがそろっていますよね~。

そんな平子理沙さんのボディのヒミツ。
痩せすぎてなく、適度なボリュームがあって、セクシー。
平子理沙さんは、あまりダイエットなどを意識せず、食べたいものを食べる主義。
自分の身体と相談しながら食べたいものを食べる主義のようです。
肉なんかもしっかり食べるそうです。

平子理沙さんは、カロリーよりも水分の摂り過ぎや体の冷えを気にするとのこと。
むくみを感じるときは、水分を控えて身体を温めると調子が戻るそうです。
これは、暑い夏でもそうしているみたいです。

冷え対策として、すった生姜を入れた紅茶(ジンジャーミルクティー)やにんにくや生姜を使った料理を食べるそうです。
お風呂に入る前に、おたたかいお茶を飲んで内臓を温めるのも効果があるみたいです。
平子理沙さんは、コーン茶や柿の葉茶などを飲んでいるそうです。


タグ

このページの先頭へ