ランニングの正しい姿勢と体づくり

・ランニングでスイッチエクササイズ
腕を交互に上げ下げして肩甲骨を動かす。
30回ずつ。

骨盤を左右交互に引き上げる
10回ずつ。

・正しい走り方
上体がやや前傾
ひじを前後に引き、骨盤が前に、
自然に体は前にランニングには最適な姿勢です。

腕を低い位置で引く

足が体の真下にある

・足を太くする駄目な走り方
腕を真横に広げて走る
猫背で走る

正しい走り方をしないと、
体力を無駄に使ってしまって疲れてしまいます。
続ける気力もなくしてしまいますので、
正しい姿勢で走るようにしたいものです。
慣れないうちは早歩きでも大丈夫ですので、
正しい姿勢でランニングをするように頑張りたいですね。


タグ

2014年11月27日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:奮闘中~!ダイエット日記

このページの先頭へ