寝ている間 ちゃっかり綺麗

睡眠不足は太る原因のひとつになります。
寝ている間に疲労回復をするのはもちろん。
お肌の状態も綺麗にするには睡眠も大切です。
8時間よりも5時間の睡眠の人の方が、
肥満率が高いという傾向にあるそうです。
質の良い眠りで食欲も押させることができます。
痩せホルモンといわれている満腹感をあらわす、
ホルモン レプチンに関係しています。
レプチンが減少してしまうと、
必要以上に食べてしまうらしいです。
睡眠中に胃腸の消化器官の動きをスムーズにして、
余分な脂肪を溜め込まないようにするらしいです。
ですから、美容や健康やダイエットのために
睡眠は大切です。

基礎代謝を上げてやせやすい体質に
満足感を促し食べすぎを予防
細胞の活性化と回復ですべすべ美肌に

成長ホルモンが活発な22時前にはベットに寝るのが、
理想的です。
睡眠は毎日のことですから、
できればきっちりと睡眠をとりたいものですね。


タグ

2015年1月6日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエットなんでも♪

原因を解消して、冬太りに勝とう

冬に甘いものや油っぽいものがほしくなのは、
仕方がないことです。
寒くなってくると熱を作るために、
熱を直ぐに作れるものを欲しがるものです。
当然カロリーも高いので、
食べ過ぎてしまうと太ってしまいます。
ダイエットをしていると寝つきが悪い・眠りが浅いなどの
トラブルもあります。
お腹が空いていると眠れないのは当然ですが、
冬は寒いので、体が冷えきってしまい、
眠れないことが多いです。
質の悪い睡眠ですと、代謝が悪くなり太りやすくなります。

寒い時にこそ体を動かすようにする。
寒ければその場で足踏みでも良いですし、
兎に角体を動かすことが大切です。

食べ物も甘い砂糖は
白いものより、黒砂糖やはちみつを
油なら
エゴマ油などとるようにしましょう。

空腹感がなく、体が温まり、
気分もリラックスすればぐっすり眠れます。
良い睡眠が代謝にも繋がりますので、
よい睡眠が取れるようにすることも大切です。


タグ

2014年12月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ダイエットなんでも♪

眠りの質を上げるポイント

0~6時の睡眠コアタイムを充実させる
美と健康のために成長ホルモンは寝ている時に瓶ぴつされることがおおいです。

就寝前ベットの中で携帯電話を使わない
寝る前に刺激になるような興奮状態を作らないようにするために
電子機器などの手軽に使える携帯電話などでメールはしないように
したほうがいいでしょう。

就寝前に電気を暗くして寝る空間を作る

ぬるま湯に入浴して、
副交感神経をスイッチ音する

部屋着で過ごすのではなく、パジャマに着替えて寝る。

就寝前4時間前までに夕食を終えるのが理想です

カーテンの端を10センチ空けて寝る
朝に太陽の明かりを浴びると生活リズムがリセットされて
体内リズムが整います。

就寝前にゆっくりとした気持ちで凄し、
朝起きたら朝日を浴びる

そういう生活をしていくことによって良い眠りが整います。
毎日の睡眠ですので、眠りの質を上げ目覚めの良い習慣にしたいものです。


タグ

2014年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:キレイなんでも

睡眠で太りやすい体質改善

6~8時間程度の睡眠が美を育てます。
規則正しい生活だといいのは分かってますが、
睡眠が少ないと太りやすいというのは驚きでした。

睡眠不足だと食物を増進するホルモンの「グレリン」が出て甘いものが欲しくなるんです。
確かに疲れていると感じると甘いものが凄く食べたくなりますからね!!

寝る3~4時間前まで食事を終えると目覚めすっきり。
起床1~2時間以内に食事をすると体内時計が正常になります。
食事の時間もとても重要ですね。

パソコンやテレビは睡眠を妨げるので就寝前にやるのはやめたほうが良いみたいです。
なかなか現代では難しいですが、仕事が忙しくずっとパソコン仕事だった時は、
疲れているのに眠れないという経験もあります。
眠れない時はパソコンはちょっと控えめにした方が無難かもしれません。

お風呂は良い睡眠をするのにとても重要です。
一度体温を暖めてから睡眠に入ると良く眠れるそうです。
シャワーより10分のお風呂が睡眠をスムーズにしてくれるそうです。
お風呂は面倒だからシャワーだけで済ませることも多いとは思いますが、
良い睡眠のため少しはお風呂にゆっくり浸かって、
よい睡眠をとるようにしたいですね。

睡眠が太り体質に関係するとは驚きでしたが、
良い睡眠をとるように心がけ、
美と太りやすい体質改善を目指したいと思います。


タグ

このページの先頭へ